走り始めたきっかけ 



◆ 走り始めたきっかけ
30歳台以降、ずっと運動不足が続いており、健康診断時にも「全く運動をしていない」の欄に○するしかなかった。
体重増が気になり、2013/2/11にNike+ RunningというiPhone5用アプリを使ってみた。
タイムの他、GPSで走った位置、距離、ペースまでわかり、面白くなって、はまってしまった(^_^)

約1年後の2014/3/2 静岡マラソン2014に出場し、グロスタイム4時間17分41秒(ネットタイム4時間17分00秒)で完走! 初マラソンで、サブ4.5達成!

健康維持のためにも、運動した方が良いのは明白だが、まさかここまで、はまるとは・・・ 自分が一番驚いている(^_^;
最初の頃は1km走るのも大変だったのに。

ちなみに、学生時代、陸上競技の経験はない。中学〜高2の夏まで軟式テニス部だったので、その当時は長距離走が得意な方だったかも。
校内マラソン大会は、中学3年時の10位、高校1年時の29位が最高。いずれも上位15%程度だったと思う。

健康のために始めたランニングなので、速く走る必要はないのだが、自分の限界に挑戦したくて、目標の達成と、心身の鍛錬のために、続けている感じ。
大会に出場する時、いつもより速いペースで走ってしまうので、毎回、苦しくて、しんどくて、本当に辛い。
終わった後は、爽快感や達成感があり、目標を達成した時は喜びもあるから、走っているに違いない。
不思議なことに、辛かったことは時間が経過すると忘れ、また走りたくなるのである。

走り始めて約2年後(フルマラソンに初めて挑戦してから約1年後)の横浜マラソン2015(2015/3/15)において、
目標のサブ4 (4時間未満)を達成! 多くの市民ランナーの目標でもある。フルマラソン5回目の挑戦で達成できた(^_^)v
その後、第25回かすみがうらマラソン、2015北海道マラソンと、第1回さいたま国際マラソンと、4回連続でサブ4を達成できた。

2014年度、2015年度に横浜市陸協に登録。恩恵を受けたのは富士山マラソンくらい(^_^;


「今日は己との戦いや」「絶対負けられへんのやって ほんまに」「諦めへん人にだけ ゴールはやってくる」
「大人になって見つけた わりと辛抱強い自分が いったい何処までいけるか 知りたいねん」コブクロ 42.195kmより。

『制限時間4H、自己への挑戦状!』太田原マラソンのキャッチコピーより。


■ランニングのトップページへ戻る



http://ebato.info/